ひきこもりろん

広告ライターからエンジニアに転職し、現在はYouTuberデビューを目論んでいる「ひきこもり志願者」が日々の妄想を書き散らかすブログ。

【50日目】不調とボジョレーの日

今日は朝から体調が優れなかった。思えば昨晩から目がチカチカして頭痛に悩まされていたのだが、パソコンの見過ぎで肩が凝ったのだと早合点してしまった。

その予兆をハンチョウ風に例えるなら、私の身体の中のどこかに「体調不良ボタン」が隠されていて、そのボタンの縁をゆっくりと撫で回されている感覚である。

「押すなよ!絶対に押すなよ!」と私は強く念じたが、どうやら私の身体はそれをダチョウ倶楽部的な前振りだと勘違いしてしまったらしい。ままならないものである。

そんな訳で今日も日記に書くことがない。強いて挙げるなら身体が不調だったということだけだ。

 どのくらい不調だったかと言うと、過去10年で最高の不調と言われた2016年の不調を上回る不調だった。酷い頭痛と込み上げる嘔吐感が調和した不調で、今世紀最大の不調だったかもしれない。何だかボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーのようである。

症状から察するに恐らくただの風邪なので、今夜は風呂に浸かって早めに眠ろうと思う。風邪の時に入浴するのは良くないと唱える人もいるが、湯冷めにさえ気を付ければむしろ入浴して体温を上げた方が良い。……と、昔のテレビ番組で言っていた。

身体を温めたうえで「大槻ロール」を実践すれば、完治は目前のはずである。明日を乗り切れば週末なので、何とかあと1日を凌げるよう回復に専念したい。

 

※追記1

「大槻ロール」も『1日外出録ハンチョウ』のネタである。要は身体が冷えないように布団を巻いて眠るだけなのだが、その効果は計り知れない。詳細が気になる方は単行本2巻に収録されている第9話をご覧下さい。控えめに言って神回です。

 

※追記2

そう言えばブログ開設から50日目を迎えた。かつて吉田松陰は「一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う」という格言を残したが、私は1回の投稿で千字は記しているはずなので、実に五万字を得た計算になる。すごい。

ちなみに上記の格言もハンチョウを読んで知りました。漫画から学べることは多い。