ひきこもりろん

広告ライターからエンジニアに転職し、現在はYouTuberデビューを目論んでいる「ひきこもり志願者」が日々の妄想を書き散らかすブログ。

【128日目】ベビースターとTシャツの日

今日は久しぶりにセブン-イレブンで昼食を買った。元ファミリーマート店員としてはライバル店に塩を送るような真似はしたくなかったのだが、セブン-イレブンのお弁当は本当に美味しいと思う。日本デリカフーズ協同組合の皆様には感謝の気持ちを捧げたい。

しかし今日の本題は、お弁当ではなくお菓子の話である。セブン-イレブンは以前から蒙古タンメン中本のカップラーメンを販売しているが、最近は「ベビースター ドデカイラーメン」でも蒙古タンメン味を販売しているらしい。

レジ前を覗いてみると、確かに「ベビースター ドデカイラーメン」が山のように積まれていた。私はかねてから蒙古タンメン中本のファンなので、購入するべきか否か検討してしまう。味については文句なしに好きなのだが、胃腸の弱さを考えると迂闊に手を出せないのである。

私が考えあぐねていると、後ろに並んでいた先輩が迷うことなく「ベビースター ドデカイラーメン」を手に取った。明日の腹痛など気にもかけない行動に、私はあやうく恋心を抱きそうになる。

やがて会社に戻ると、我々の視線は先輩のお菓子に釘付けとなった。今回のコラボでは「蒙古タンメン味」と「北極ラーメン味」の2種類が販売されているのだが、先輩が買ったのは激辛の「北極ラーメン味」だったのだ。普段は冷静な先輩だけに、この選択は意外と言う他ない。一体何が彼を駆り立てていたのだろうか。

皆が昼食を食べ始める前に、「ベビースター ドデカイラーメン」の開封の儀が執り行われた。袋の中身を覗くと、大量の香辛料がベビースターにまぶされていた。

まずは先輩が一口食べて悶絶し、その後は周囲の人々を巻き込んでの試食会となった。本家の北極ラーメン程では無いにせよ、その辛さはなかなかに強烈である。皆が恐る恐る食べるため、袋の中身は一向に減らなかった。

その様子を傍観していたのは、先輩と仲の良い韓国人の男の子である。彼はもともと辛いものが苦手なので、こうした商品には手を出さないと誰もが思った。

しかし先輩が一口食べてみるように勧めると、彼は躊躇うことなくお菓子を口にした。美しい師弟愛である。それから3秒と経たずに悶絶することになるのだが。

面白かったのは、そのお菓子を食べたあとの彼の行動である。カプサイシンの効果で身体が熱くなったのか、彼は勢い良く上着を脱いだ。その下から現れたのは、「already hot」の文字が刻まれたお洒落なシャツである。味の感想を口にする前に自らの衣装で意思表示を図るとは、なかなかの強者と言える。私もこういう時に備えて文字Tシャツを買っておこうと思った。

 

※追記1

21時現在、私の胃腸の活動が盛んになっている。これから数時間以内に悲劇が起こることは目に見えているのだが、後悔はしていない。明日が休日で本当に良かった。

 

※追記2

そういえば以前、池袋を散歩していたら「ラーメンズ」と名乗る集団に遭遇した。池袋近辺を中心に、美味しいラーメン屋さんを探す秘密結社らしい。現在も会員募集中のようです。