ひきこもりろん

広告ライターからエンジニアに転職し、現在はYouTuberデビューを目論んでいる「ひきこもり志願者」が日々の妄想を書き散らかすブログ。

【139日目】電子マネーと決済端末の日

小銭を持ち歩くのがあまり好きではないので、電子マネーを使う機会が増えてきた。レジの決済端末にスマートフォンをかざすだけなので、まるで無料で商品を手に入れた気分になる。これからも積極的に使っていきたい。

しかし最近、1つだけ大きな問題に行き当たった。スマートフォンの経年劣化に伴い、電子マネー決済時の反応が悪くなったのだ。

ローソンの決済端末とは特に相性が悪いらしく、1度スマートフォンをかざしたぐらいではピクリとも反応してくれない。仕方が無いのでスマートフォンの角度を調整しつつ感度の良いポイントを探り当てるのだが、これがなかなか上手くいかない。

店内が空いている時間帯ならまだしも、大勢の客で混雑している昼時は最悪である。私がまごついている間にレジには長蛇の列が出来上がり、声には出さずとも店員さんの苛立ちが伝わってくる。

そのため最近は3秒試しても駄目だったら現金払いに変えてもらうという自分なりのルールを設けた。これも結果的に店員さんには手間をかけさせてしまうので、あまり褒められた手段ではないのだが、大勢の客から不満を浴びるよりかは幾分マシである。

それにしても、一体どうしてここまで反応が悪くなってしまったのだろうか。確かに非接触ICカードも、長年使っていれば僅かながら劣化する。環境的な要因で劣化が早まることも有り得るが、そんな劣悪な環境であれば私の方が先に壊れているだろう。

そうなると、原因は曲げや反りといった外的圧力と考えるのが妥当である。思えばこの2年間、私はスマートフォンを頻繁に落としていた。もしも昔のiPhoneだったら画面が粉々に砕けてパンクなお姿になっていただろう。

原因が分かってしまえば、あとは対策を立てるだけである。もしも曲がってしまったのなら、反対方向に曲げれば元通りになるのが世の常である。私はスマートフォンの本体に少しだけ力を加えてみた。すると見事に、決済端末にかざした時の反応が改善された。

これは物凄いことを発見したかも知れないと、私は心の中でほくそ笑んだ。ノーベル賞には興味が無かったのだが、ここまでの発見をしてしまった以上、世間から見過ごされずには済まないだろう。やれやれである。

唯一気がかりなのは、最近やたらとスマートフォンが高熱を発するようになったことだろうか。もしかしたらインフルエンザなのかも知れない。ノーベル賞の授賞式までに回復してくれると良いのだが。

 

※追記1

良い子は真似をしてはいけない。

 

※追記2

そういえば、昨日セブン-イレブン電子マネー決済した時は恐ろしいほど反応が良くて驚いた。決済端末にも性能差があるのかも知れない。或いは私の開発した治療法が功を奏したのだろうか。恐らく前者である。