ひきこもりろん

広告ライターからエンジニアに転職し、現在はYouTuberデビューを目論んでいる「ひきこもり志願者」が日々の妄想を書き散らかすブログ。

【192日目】MiBと記憶操作の日

今更ながら映画『メン・イン・ブラック』を初めて視聴した。これまでに何度もTVで放送されているはずだが、私はいつもタイミングが合わなくて観ることが出来なかったのだ。

今から20年以上の映画だと言うのに、『メン・イン・ブラック』はとても面白かった。私は宇宙人や都市伝説の類に目がないので、この手のSFアクションコメディには心が踊る。KとJのコンビ間で交わされる会話もユーモアにあふれていて、力を抜いて楽しめる作品だった。

それにしても不思議なのは、初めて観たはずの映画なのに何だか既視感を覚えたことである。特にKが記憶操作に使う小型の道具には見覚えがあった。

作中では、宇宙人を目撃した一般人に対する記憶操作に使われていたが、私もあの機械の光をごく最近浴びせられた気がする。あれはいつ頃のことだっただろうか。

ちょうど我が家にもよく似た道具が眠っているので、今夜はMiBごっこを楽しんでから床に着こうかと思う。もちろん、記憶を操作する対象は自分しか居ないので、予めテーブルの上に指示書を用意してから始めるつもりである。

どんな記憶を植え付けるべきか悩んだが、私はもう1度『メン・イン・ブラック』のストーリーを初めから楽しみたかったので、「今夜観た映画のことは全て忘れろ」と書いておいた。

これで明日の夜も『メン・イン・ブラック』を新鮮な気持ちで視聴できそうである。

 

※追記1

こうして私は週末が訪れる度に、『メン・イン・ブラック』を視聴するようになった。自分の記憶を操作した事実すら忘れているので、本当は何回視聴したのか数え切れない。